スポンサードリンク

妊婦さん「葉酸を含む食事のメニュー」に菜の花を使用するとよいですよ

妊婦さんに一番必要とされる栄養素が葉酸です。

葉酸の摂取量目安は、妊娠前なら1日240μg、妊娠中は2倍の1日480μgとなっています。

妊娠前から葉酸を摂取していることが理想的と言われるほど、妊婦さんにとって重大な栄養素なのです。

妊婦さんに葉酸が必須とされる理由は、葉酸が胎児の発育と関係しているからです。

胎児は細胞を増やしながら成長を続けますが、細胞を増やすのに必要な栄養が葉酸です。

葉酸を妊娠前から十分摂取することで、赤ちゃんが先天性の以上を抱えるリスクを軽減することができます。

葉酸を多く含む食品としてブロッコリー、モロヘイヤ、菜の花が挙げられます。

菜の花100gに含まれる葉酸の量は340μgで、1日に必要な葉酸のおよそ80%を菜の花100gで摂取可能です。

また、葉酸は熱に弱いので、茹でることで半分以上が失われてしまいます。

菜の花を茹でて調理する際は、水で洗った後に電子レンジで加熱する方が水に溶けることがなくなるのでよいですね。

茹でて食べる際は、からし醤油で食べるとつわりの時期でも無理なく食べることができます。

また、菜の花はごま油との相性が抜群です。

ごま油、菜の花、しらすを使用して炒め物にしても非常においしく食べることができますよ。

つわりの時期、どうしてもごま油が食べづらいという場合は、レモン汁をかけることでさっぱりとした味に仕上げりますよ。

高齢赤ちゃん

妊婦さん「いちごの食事メニュー」で葉酸を効率よく摂取できますよ

葉酸は妊婦さんにとってもっとも必要とされるビタミンB群の栄養素です。

葉酸は野菜に多く含まれています。

葉酸含有量が多い野菜はほうれん草や枝豆ですが、どれも茹でる必要のある食材ばかりです。

葉酸は加熱処理に弱く、加熱調理することで元々含まれていた葉酸のおよそ50%が失われます。

理想は葉酸を多く含む野菜を1日350g以上食べることですが、野菜で言う350gは非常に多い為、つわりの時期を迎えている妊婦さんは食べきるのが困難になります。

効率よく葉酸を摂取する為に、加熱処理をすることなく食品を摂取することが望まれます。

フルーツであれば、加熱処理をせずに食べることができますから、果物から葉酸を摂取するのもよいですね。

葉酸を多く含むフルーツはいちごで、75gあたり68μgの葉酸が含まれています。

いちごは練乳をかけて食べるとおいしく食べることができますが、練乳のかけすぎによって糖分過多に陥る可能性があります。

カルシウムを摂取する意味でも、いちごに牛乳をかけて食べると効率がよいですね。

妊婦さんに必要な栄養であるカルシウムと葉酸が一度に摂取できます。

牛乳と砂糖を混ぜて食べるとよりおいしくなりますが、糖分のとりすぎは胎児によくありません。

いちごは潰しても大丈夫ですが、砂糖は入れず、牛乳といちごのみで食べるとよいですね。

いちごには酸味がありますから、つわりの時期の妊婦さんでもおいしく食べることができますよ。



スポンサードリンク
スポンサードリンク